本当の自分の声に出会う倍音ボイスライフ

小林由起子offcial bog 話声も歌声も本当の自分の声をみつけたとき、本当の人生が生き生き姿を現します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

望む未来に変えましょう!

33177795_s.jpg

いよいよ今年もあと2か月。
今年大きく変化があって望む未来に近づいた方は多いと思います。


さらに望む未来に近づくために。

今日はお話しますね。


わたしのところにお越しになる方は「今の状況を変えたい」方です。
声や歌、人生を。



今これを読んでくださっているあなたもそうですね。

今日は未来を変えるためにわたしが確信し今年実行したことをお話します。



その前に11月〜12月スケジュールのお知らせをさせていただきます。

………………………………………………………………………
アデプトプログラム
11月19日(土)14:00〜18:00
11月20日(日)11:00〜18:00

二日間にて開催

宇宙の流れに乗って、一気に人生を10倍加速しましょう。
形而上学を学び、宇宙、天界を学び、プロテクトを学びます。
生きることの謎が一気に解け、生きることの意味がわかります。

再受講も受け付けています。(受講料10,000円)


チャレンジングライブ
11月27日(日)13:30〜

半年前の企画「集中レッスン6ヶ月でライブ出演しよう!プロジェクト」いよいよ本番です!
入場無料、どなたでもご覧になれます。

11人の出演者が1〜2曲歌います。
ライブハウスの定員がありますからご予約くださいね。

本当の自分に出会う〜声・音・チャネリング
12月16日(金)13:00〜16:00

好評につき二回目の開催です。

………………………………………………………………………

さて。
わたし達は一瞬ごとに選択をします。


たとえば。

朝一番にすることはなんですか?


歯を磨く
顔を洗う
トイレに行く

こんなところかな。


歯を磨くのと顔を洗うのはどちらが先ですか?


こうした習慣も無意識の選択が行われています。


選択の連続です。



生活習慣
身体に取り入れるもの
仕事
人間関係
趣味
etc


ずっと同じであるなら、そのタイムラインの先にある未来は今以上にはなりません。


「変わらない」
という選択をしているからです。




もしもあの時、違う選択をしていたら・・・
ということが誰しもあります。


違う選択をしていたら、違うタイムラインにいます。

こう考えると無限のタイムラインがありますよね。



ティータイムにいつも紅茶を飲む人がコーヒーを飲んだらもう違うタイムラインです(@_@)
こういうことを「パラレルワールド」と説明する人もいます。


今の予測出来る延長線上の未来が望みならば今のままでOK



違う未来が望みならば。
こうありたい、という未来があるならば。


なにかを変えましょう


なにか。
って?(笑)



まずは小さいことでOK。
小さいよい行動をしましょう。



オススメは
整理整頓や掃除、不要なものを処分すること。

絶大な効果があります。


家の中の状況=自分の中の状況


要らないものを一つ処分するだけで自分の要らないエネルギーがなくなります。


わたしは今年整理整頓、お掃除好きになってしまいました(笑)


つまり。
元々は得意じゃないんです(笑)


片付ける前に次のことがしたくなっしまいます。



でもね。
実感するんです。

家の中で片付いていない場所を整理すると明らかにエネルギーがすっきりする。


そうしているとどんなことが起きてくるか。


長くなるのでそれは次回。
なるべく早くお届けしますね。



ガツンと変えたい方

アデプトプログラム イチオシです


では近いうちに



………………………………………………………………………
右エリアメニューをお問い合わせ、お申し込みの方は
yukiko@baion-voice.comへお願いします。

その際、スケジュールカレンダーをご覧になってご希望日程を
いくつかあげていただくとスムーズです。

ご縁のある方にお目にかかるのを楽しみにしています



☆ランキングに参加しています☆
ふたポチお願いします♡


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

| 実践スピリチュアルライフ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://baionvoice.com/tb.php/303-9ccf526f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT