本当の自分の声に出会う倍音ボイスライフ

小林由起子offcial bog 話声も歌声も本当の自分の声をみつけたとき、本当の人生が生き生き姿を現します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本当の自分に出会う〜音・声・チャネリングvol2〜前回のご感想も

43500238_ml.jpg

ご好評につき二回目を開催します

日時  12月16日(金)13:00〜16:00
場所  倍音ボイスメソッドセッションルーム
定員  8名様(残席4名様)
参加費 4,000円(茶菓つき)
……………………………………………………………

声と音とチャネリングで本当の自分に出会います。

【声】
(小林由起子担当)
倍音声明
決まった母音の順番でひたすら声を出し続けます。
母音発声は脳波をα波〜θ波にすることが証明されています。

フリーボイスヒーリング
小林の声でエネルギー調整をした後、皆で出るがままに声を出して行きます。
長時間声を出し続けていると考えることが出来なくなります。
非常に強力で確実な瞑想です。

【音】
細胞を修復する愛の周波数528Hz音叉を浴びていただきます。

【チャネリング】
(浅井美樹担当)
愛と情熱の女神ネフェルティティからお一人お一人へメッセージ
をお伝えさせていただきます。

チャネリングとは
神様や天使や宇宙の存在に波長(周波数)を合わせて、
エネルギーや言葉などでメッセージをお伝えすることです。

ネフェルティティとは
ハイマジックの女神で、タロットカードの原型を創った人とも言われています。
タントラと言われる男女間(LOVE)や、人と人との関係性を
良好にする事を得意とし、本質を見抜く洞察力や深い愛情の
エネルギーにあふれています。

チャネリングは、あなたの心や環境の中で止まっていることや、
滞りに新しい流れを作ってくれます。
自分では思いもつかない目線から、今、必要なことを気づかせてくれます。

気づくだけで気持ちが軽くなって前向きになり、
やる気スイッチをオンにすることができます。


IMG_0216.jpg
(前回WSの後の懇親会)

【前回いただいたご感想】(一部抜粋)
SHさん
声を出し続けると途中から自分の声じゃない声が聞こえて
(自分の声ですが)不思議でした。
Mの発音が身体にとても心地良く響きました。
ネフェルティティのメッセージはもっと抽象的かと想像して
いましたがとても具体的で分かり易かったです。

NSさん
声を出すのは気持ちがいいなと思いました。
エネルギーがまわる、元気が出ます。
そして皆で合わせることの素晴らしさ、パワー。
真ん中に座った時、やはり心地良かったです。
守られているような特別な空間でした。

KSさん
声を出しながら深い瞑想状態に入ってとても気持ち良かったです。
チャネリングメッセージで教えてもらったアドバイスをしっかり
見つめて自分探しの旅に出発したいと思います。

SSさん
中央に座った時、自分がシンギングボウルの中央にいるようでした。
一人一人にメッセージももらえてとてもよかったです。

NYさん
今日ここに来れたことに感謝です。
ひとつひとつのワーク、いただいたメッセージ、出逢えた皆さん
大切な意味があったと思います。
声、音、響きはまず自分を癒し、周りを癒し、地球を癒し、
そして宇宙へと還って行く。
そういうもの。。。大切にしたいと思います。
この気づきを活かして行きたいと思います。

MYさん
倍音声明、苦手な音がやっぱりありましたが、皆様の中心に
座ってから大分安定して出せるようになりました。
自由に声を出したりして気持ちよかったです。
皆様の声の響きが心地よかったです。
もっと声を出し続けたくなり、もっと動きたかったです。
チャネリングはパッションという言葉にびっくりしたのですが
子供の頃バレエを習っていて踊ることが好きなので、踊ったり
歌ったりして行きたいです。


二人でお待ちしています

IMG_0412.jpg


………………………………………………………………………
右エリアメニューをお問い合わせ、お申し込みの方は
yukiko@baion-voice.comへお願いします。

その際、スケジュールカレンダーをご覧になってご希望日程を
いくつかあげていただくとスムーズです。

ご縁のある方にお目にかかるのを楽しみにしています



☆ランキングに参加しています☆
ふたポチお願いします♡


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

| ボイスヒーリング・講座 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://baionvoice.com/tb.php/305-bacebb18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT